大切な荷物を守るアイテム

女性作業員

運送業の経営にとって大事なことは大量の荷物を運搬するだけでなく、預けられた荷物を目的地に無事に到着させることを両立させる必要があります。この双方の目的を果たすために、運送業で取り入れる数が増えているのがアルミウイングと呼ばれるアイテムです。アルミウイングというのは、荷台全体を覆うアイテムになります。このアルミウイングはもともと装着しているトラックタイプだけでなく、別個で販売されているタイプもあり軽トラから大型まで幅広く設置することが可能です。荷台全体を覆うように設置することによって、荷物が外に飛び出ることなく目的に運搬することができます。そして後付けの場合には手導で開閉する必要があります、初期装備で設置されているトラックの多くはバッテリー電源と直結されており開閉をスイッチ一つで自動で開閉することができるようになっているのです。

腐食に強く雨を通さない

トラック

アルミウイングを取り付ける理由として、荷台に置いた荷物が走行中の衝撃によって外に出ることを防ぐためです。それ以外にもアルミウイングを取り付ける理由に挙げられるのが、腐食に強く雨風にも対応できる点です。運送業にとって雨風と雪は大敵であり、荷物を濡らすだけでなく食品を運搬している場合には腐敗を招くリスクがあるのです。これまでは荷台にカバーを取り付けることで防いでいましたが、どうしても空洞が生まれてしまうので台風並みの大雨が降ってしまうと防ぐのが難しくなります。その点アルミウイングは荷台全体を覆うように設置するので、どんな雨風が起きても完全に荷物を守れます。そしてアルミは構造自体が固く液体や酸素を通さないので、急激な温度変化や腐食に強いので長持ちするのです。

軽量なので燃費にやさしい

その他

後付けでアルミウイングが設置できる理由としては、アルミ自体がとても軽いのである程度の人数が用意できれば簡単に設置できるからです。そんな軽量で丈夫なアルミウイングですが、その特徴によって運送業にとってうれしい副産物を生み出します。その副産物というのが、移動にかかるコストがかからないことです。電化製品などの水や衝撃の弱い荷物を運搬する際に、このアルミウイングがなかった時代はポリエスチレンのカバーもしくは鉄製の囲いを当てはめて運搬していたのです。ただポリエスチレンのカバーは上空の水を防ぐことができますが、強い雨風だと横から水が侵入してしまう場合があります。そして守るために鉄製の囲いを使ったときには雨風から守ることはできますが、どうしても重量があるので運搬できる荷物の量が制限されるだけでなく燃費も悪くなってしまったのです。その点アルミウイングの場合には軽量かつ丈夫なので、荷台に乗せたとしても重量の影響がなく荷物の量が制限されることがないだけでなく燃費も優しいという特性があります。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中